忍者ブログ

FX忍者こと当ブログの管理人がFXの情報を配信するブログ

2019.10┃ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31
HOMEFX投資の記事
2019-10-15-Tue 15:12:50 │EDIT
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

2011-05-09-Mon 21:12:44 │EDIT

株で先物でと負けを味わってきた人は、ここ最近の投資人気に甘んじて増加しているかと思います。
ですが、最近では堅実な勝ちを味わえるfxやfxデイトレが人気を博してきているのはご存知でしょうか?
fxとは、外国為替証拠金取引と言う物です。
これは、証券会社に預けたお金を外国為替に買えて保有してfx証券を作り、証券会社に管理して貰って、そしてある程度利益が出たらその証券を利用してお金に変えるという物です。
ですが、『金利低迷時代』を味わった自分達としては、そんなおいしい方法ある訳ないだろ?と言いたくなる物で、まだまだ安心して投資している人は少ないのも実情。
だけど、実際には上手く活用すれば一月で100万円以上の稼ぎに転じた人もいて、今ではサラリーマンから投資運営の会社を築いたという人も雑誌で取上げられているほど、夢のある投資術です。
しかも、最近では人気に博して『手数料無料』という気前のいい会社も誕生し、しかも、デイトレがあるのでOLやサラリーマンでも多数参加されるようになってきました。
そして、これからの先行きがハッキリしないという人も、今ハッキリしている『円安』を上手く活用して外国為替で不安を吹き払ってみてはどうでしょうか?
PR
2011-05-09-Mon 21:11:41 │EDIT
最近、巷でよく見かける『情報商材』って知っていますか?
知らないという人が大半でしょう。
何故なら、最近になってブームになり殆どの人がどこかで商材を買付けて、そして自分のブログコーナーや証券情報の運営サイトで売り出した事で、知られ始めたからです。
そして、この商材ですが最近はfx(外国為替証拠金取引)でも取り上げられています。
中身としては、『負けを取り返せるfx』や『勝率1割を9割にするfxデイトレ』などです。
つまり、私のfxで稼いだ手法を『体験記』として販売するという物が、この情報商材と言う物なのです。
『fxなんて証券会社でやっているんだから売れないだろう?』と、大抵の人が考える盲点を突いたこの商材、実際には馬鹿売れしています。
何で、ここまで人気が沸騰したかと言いますと、やはり負けを味わっている人は『堅実に勝ちたい』のです。
なので、このようなサイトに検索する人もfxの証券が知られ始めて、証券の参加人数が増加すると比例して増えてきました。
最近では、fx取引メールマガジンの購読も取扱うサイトが増えてきて、これからますます加熱しそうな情報商材です。
最期に、まず本当に堅実に儲けようと思うなら、fxもいいですが個人のサイトで『ドロップシッピング』や『自分の得意分野の代理活動』を売りに出すのも、いいかと思いましたので一筆書き上げます。
2011-05-07-Sat 16:30:28 │EDIT
日本国内で物を作り、海外へ輸出する場合は商品の代金を外貨で受け取る事になります。この外貨のままでは日本国内で使えませんので、必ず外貨を日本円に変える必要があります。そこで各銀行が、朝10時ごろのインターバンク市場の取引相場の水準を基に決める対顧客レートがあります。原則当日中は変動しないものとして銀行は窓口業務を行うものです。それが、「仲値」と呼ばれる値段です。その時、普通の企業では、どのタイミングで外貨を円に変えるのか。これは通常、東京の午前10時の時点の値段で決済が行われます。そのため、時間的な目で見ますと東京の午前10時(仲値時間)の取引は、例え相場の動きがあまりよくなかったとしても、それとは全く関係なく、為替取引が行われることになります。特に、5や10のつく日や月末は、それぞれの企業の決済日になる事が多いですので、5、10、月末などの日には仲値時間(午前10時)の取引が一気に膨らむ傾向があります。取引量が多い時間帯でトレードしたいという場合は、ぜひとも覚えておきたい法則でしょう。もちろん、これ以外にも多くの要素で状況が変わるものですから、海外の市場の開いている時間をメインに進めていく方法もまた戦略上はあり得るかもしれません。
2011-05-07-Sat 16:29:49 │EDIT
商品市場(商品先物など)と通貨との関係は、その国の資源や輸入依存度などと大きく関係してきます。中でも、石油はどの国へも影響が大きいため注目を浴びています。それぞれの国にとって原油市場と通貨との関係が変わってきます。世界で一番石油を使うアメリカは、原油高の悪影響を直接受けてしまいます。石油の価格が上がると、その分、産業全体でコストが上がって競争力が落ちてしまいますので、通貨は売られる方向へ向きます。アメリカが石油に対して必死な理由はこういうところにもあるのですね。日本は資源が国内でほとんど採れない国ですから、アメリカと同じように原油高の悪影響を受けてしまいます。基本的にはアメリカと同じように「原油高=競争力低下=通貨安」となります。また、日本は先進国の中でも相当にエネルギーの輸入依存度が高い(資源を他国から輸入しなければ生活できない)国ですから、石油以外の資源が高くなった場合も同じ状況になります。イギリスは産出量が少ないとはいえ、自国の近海で石油が採れますので、原油高になっても、他の国ほどの大きなダメージは受けません。原油価格の状況にもよりますが、あまりにも原油価格が高い場合は、他の国に比べて有利になり、通貨高になる可能性が高くなります。世界でトップテンに入る石油産出国であるカナダは、原油高で利益を得た国の一つです。基本的に石油や天然ガスを輸出する側の国ですから、原油価格が上がると利益も上がり、自然と国の景気がよくなり、通貨高となります。この点は先に上げた国と逆の状況になるのです。またオーストラリアも石油が自国で採れる国ですから、同じく原油高で景気がよくなる国の一つです。鉱物資源の多い国でもありますので、他の商品市場の上昇がそのまま景気の向上につながりやすい国の一つと言えるでしょう。原油ひとつを取ってみても、各国によって影響がまちまちです。原油以外の資源についても同じように各国の状況が変わってきますので、普段のニュースの他に、各国の資源の状況なども事前に調べておくと後々有利になりますから、常日頃から海外の様子を見ておく事が大切です。
2011-05-03-Tue 01:25:01 │EDIT
FXは24時間取引可能とは言え、それは世界中のどこかしらの市場が動いているかで取引量の多い時間帯と少ない時間帯で差があります。一番多いのは、「ロンドン時間」と言われる、東京の夕方から深夜です。この時間帯は、EU全域の銀行が取引をしており、東京、香港、シンガポールも途中まで残っています。また、明け方にはニューヨークの銀行が途中から参加しますので、一番取引量の多い時間帯です。また、EU・アメリカの経済指標の発表などもこのあたりの時間帯に発表されることもあり、一番動きが大きいのもこの時間帯となります。逆に取引が少ないのが、東京の早朝でしょう。この時間帯は、ニューヨーク勢は既に帰宅しており、東京も本格的に参加する直前です。オーストラリアやNZのような、オセアニア系が取引の中心ですから、どうしても参加者が少なくなってしまいます。取引が少ないという事は、値動きも少ない上、大口の仕手筋にやられる可能性の高い時間帯でもあります。FXをする上で安定した取引をしたい方は、ぜひこの時間帯を避けるようにしたいものです。この時間帯をあえて取引する方はそうはいないとは思いますが、基本的には日本時間でのアフターファイブからが一番市場が活発なのですからその時間の動きを見てFXをするうえでえのコツを少しずつ覚えていければいいでしょう。
ブログ内検索
プロフィール
HN:
FX忍者
性別:
非公開
バーコード
FX情報

>
FXのシステムトレード
アクセス解析
フリーエリア
Powered by 忍.jp Design by Alphaあるふぁ
Copyright © 2006 FX投資とか株取引とか Some Rights Reserved.
http://fxhazi456.blog.shinobi.jp/fx%E6%8A%95%E8%B3%87/?pageNo=2
忍者ブログ[PR]