忍者ブログ

FX忍者こと当ブログの管理人がFXの情報を配信するブログ

2017.12┃ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31
HOME前項現在のページ次項
2017-12-19-Tue 05:22:40 │EDIT
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

2011-05-15-Sun 15:10:44 │EDIT
fxを始めたいんだけど、どこも同じなのかな?という考えで、なかなかfxの取引先を決めれない人は多いかと思います。
なので、fx会社で有名な2会社を比較してfxの始める前にを解説しようと思います。
まず、一つ目の会社fxCMジャパンです。
この会社の特徴は、国内fx業界 取引高において2年連続1位の実績を誇り、取引手数料は無料。
さらに、迅速かつ自由な取引環境を提供しています。
そして信託分別管理、充実の24時間カスタマーサポートで安心のお取引環境を実現し、今なら新規口座開設キャンペーン中です。
次に、2つ目の会社は三井物産フューチャーズです。
この会社の特徴は、デイトレード手数料は片道のみ。
通常手数料も1単位あたり片道150円~500円と業界最安値の手数料設定。
三井物産グループ企業という事で、ブランド人気もあり安心してお取引をしている人がいるまさに中堅の証券会社です。
ここまでで、『取引無料』が有難いのでfxCMジャパンで始めようという人も多いかと思いますが、常に証券会社を選ぶ場合に推し進めている事があります。
それは、『サービスの度合い』です。
つまり、三井の方が長くお客様の満足を勝ち取ってきているので、まずは安心して始められるのは三井だと言う事です。
なので、その点で比較しても料金と言う人には、ここではfxCMジャパンの方が良いと私は考えていますのでご参考下さい。
PR
2011-05-11-Wed 17:32:15 │EDIT
観光地として人気の高いタイ。温暖な気候や物価の安さに惹かれ、世界中の人がタイを訪れます。
そんな中、いま最も熱いのはタイ料理でもタイ式マッサージでもなく、タイの株式。
多くの投資家が、タイの株式に注目しています。

 現在、着実な経済成長を遂げているタイ。当然、株式市場も活発になっています。
タイ市場の一番の魅力は、株価が安く、配当が高いこと。
日本からでも投資できる環境が整っているのもポイントです。

 タイ市場で株式取引をするには、タイの証券会社に口座を開く必要があります。
証券会社のホームページから申込書をダウンロードして、記入は英語で行います。
お金を受け取る際に小切手にするか、口座に入金してもらうかも選べますが、
小切手だとバーツになるので、換金するのに手間と時間がかかります。
入金は日本に銀行から電信送金で。手数料がかかることも覚えておいてください。

 タイの株式には現地人向けのローカル株、外国人向けのフォーリン株などがありますが、
おすすめはNDVR。議決権のないフォーリン株です。
ふつうのフォーリン株はローカル株に比べると割高ですが、NDVRはローカル株と同じ値段。
議決権がなくとも他の株主割当は受けられるので、問題はないでしょう。
2011-05-11-Wed 17:31:04 │EDIT
株を実際に買う前にベトナムという国のことを知っておくのも良いでしょう。ベトナムの歴史を見ていると常に他国からの侵略を受けていたことが分かります。最近の歴史ではアメリカさえも追い返しています。
そして、株取引をする投資家にとってベトナムの最大の魅力はやはり良質な労働力と安い賃金でしょう。インドネシアやフィリピンと比べたら政治リスクも低いと言えるでしょう。また、中国と東南アジアを繋ぐ地理的な利点もあります。また、主要な取引所のあるハノイとホーチミンへの飛行機は毎日飛んでいます。
ベトナムは南北に長い国です。北にハノイと南にホーチミンという大きな街があります。だいたいこの二つの都市の間の距離は札幌と福岡の間くらいの距離になります。
やはりこれだけの距離が離れると同じ国でも風土は少し異なってきます。ハノイの方面では社会主義の歴史が根付いていますが、ホーチミンのある南部ではフランスの面影が今でも残っています。また、ホーチミン・ハノイのちょうど真ん中くらいにだなんと言う都市があります。このダナンとホーチミンは今後の中国とASEANの連結点に成り得るでしょう。アジアの国々が市場経済での生き残りを迫られた今、このベトナムの地理はベトナムの株に対しても良い影響を与えてくれるでしょう。
2011-05-09-Mon 21:14:04 │EDIT
ベトナム株の情報はなかなか出回っていないようです。ベトナムは社会主義国家ですが、2000年にホーチミン証券取引所を設立しました。国内の企業の株取引がそれにより開始されましたがまだまだ市場としては歴史の浅い市場です。2005年のじてんで27社が上場していて、ホーチミン市場の上場会社にはPERが五倍ほどだったり、配当利回りが8%以上あるなど株価が超割安であるものが多くみられます。最近では中国株が日本で注目されていますがベトナムもまたこれからの経済成長を予想して投資するには良いかもしれません。
また、ベトナム株の裁定取引単位が10株からで、10株あたりのそれぞれの上場企業の株価が日本円換算でだいたい500円から1500円くらいになっています。つまりわずかな資金でも株式投資を始められるのもメリットです。ちなみに個人投資家がベトナムの証券会社に口座開設をする場合各種の手数料などを合計してだいたい5000円ほどのようです。ただし、ベトナム株は日本国内の証券会社では購入できないために、ベトナムでの取引の方法など手間取ることになるかも知れません。あらかじめ情報を収集して口座開設をしましょう。
2011-05-09-Mon 21:12:44 │EDIT

株で先物でと負けを味わってきた人は、ここ最近の投資人気に甘んじて増加しているかと思います。
ですが、最近では堅実な勝ちを味わえるfxやfxデイトレが人気を博してきているのはご存知でしょうか?
fxとは、外国為替証拠金取引と言う物です。
これは、証券会社に預けたお金を外国為替に買えて保有してfx証券を作り、証券会社に管理して貰って、そしてある程度利益が出たらその証券を利用してお金に変えるという物です。
ですが、『金利低迷時代』を味わった自分達としては、そんなおいしい方法ある訳ないだろ?と言いたくなる物で、まだまだ安心して投資している人は少ないのも実情。
だけど、実際には上手く活用すれば一月で100万円以上の稼ぎに転じた人もいて、今ではサラリーマンから投資運営の会社を築いたという人も雑誌で取上げられているほど、夢のある投資術です。
しかも、最近では人気に博して『手数料無料』という気前のいい会社も誕生し、しかも、デイトレがあるのでOLやサラリーマンでも多数参加されるようになってきました。
そして、これからの先行きがハッキリしないという人も、今ハッキリしている『円安』を上手く活用して外国為替で不安を吹き払ってみてはどうでしょうか?
ブログ内検索
プロフィール
HN:
FX忍者
性別:
非公開
バーコード
FX情報

>
FXのシステムトレード
アクセス解析
フリーエリア
Powered by 忍.jp Design by Alphaあるふぁ
Copyright © 2006 FX投資とか株取引とか Some Rights Reserved.
http://fxhazi456.blog.shinobi.jp/Page/3/
忍者ブログ[PR]